外科的な手術で胸を大きくするのではなく、女性ホルモンの分泌を促進させよう!

胸の大きさは、女性にとっては大きなコンプレックスになったり、悩みの種になったりするところです。

特に胸が小さい人にとっては「大きくしたい!」という希望を持っている人が多く、中には手術などを行う人も少なくないです。

一般的に胸を大きくしたり、小さいままであったりするものとしては女性ホルモンの影響が大きいと言われています。

女性ホルモンは、主に女の人が分泌されるホルモン液で、多い人ほど女性ホルモンの影響を受けやすい部分が体を変化させていきます。

この女性ホルモンが多く出るのか、出ないのかによってもバストの大きさに影響があると言われています。

しかし、このホルモンは体の中から分泌されるものであり、個人によってその分泌量には大きな差があります。

さらに、遺伝性を持っているという研究成果もあることも最近になって分かってきました。

そのため、胸の大きさはこの女性ホルモンを多く体内に分泌させることによって悩みを解決させることができるのではないかと研究が進められてきています。

これまでは、シリコンのパッドをバストの内部に入れるなど外科処置的な方法でバストアップをすることが多く見られました。

しかし、最近では外科的な手術をするよりも女性ホルモンの分泌を促進させることによって、体の中から自然にバストアップを図ることができるような治療法が行われています。

ホルモンの体内への取り入れ方法としては飲み薬のほかに注射なども利用されています。

また、プエラリアサプリも女性ホルモンのエストロゲンと似た作用をすると言われ、バストアップサプリとして販売されています。