脂肪はマッサージによって移動します!

バストアップは女性の永遠の憧れですよね!

バストアップ方法は、本やネットでいろいろと紹介されていますが、ここでは入浴時に行う「お風呂でバストアップマッサージ」を紹介したいと思います。

まず知ってほしいことは、脂肪は移動するということです。

毎日丁寧にマッサージをすることで、脂肪が柔らかくなり体を移動させることができるのです。

お風呂でバストアップマッサージを行うと新陳代謝が促され、血行が良くなります。

さらに、ボディソープなどで体を洗っている時に行うと、エステのクリームやジェルを使ってのマッサージと同じような効果があります。

バストアップに効果的なお風呂でできるマッサージ方法

では、具体的なマッサージ方法ですが、バストではなく二の腕や鎖骨部分、腹筋まわりの余分な脂肪を丁寧にマッサージします。

脂肪が柔らかくなるようにマッサージして、奥の方に脂肪を移動させていきます。

次に、肋骨からみぞおち、お腹まわりの脂肪は、あばら骨を外から内側へ流すような感じで、同じようにマッサージしていきます。

さらに、真ん中に寄せた脂肪をバストに向かって上方向に上げるイメージで、撫でるようにマッサージしていきます。

このようなマッサージで、バストまわりの余分な脂肪をバストに移動させ、バストアップの効果が得られるのです。

これはお風呂でなくてもできますが、あえてお風呂でバストアップマッサージを行うことで、新陳代謝を促進するなど様々な相乗効果を生み出すことができるのです。

しかし、やりすぎには注意です。長時間の入浴でのぼせてしまったり、マッサージのやりすぎでお肌を痛めてしまったり…何事もほどほどが一番ですね。